住宅(家)

生活空間で必要な明るさはどれぐらい?

部屋の照明には、生活するうえで適切な明るさがあります。 ですが、実際に選ぶとすると、なにを基準にして選べばいいのかわからなくなります。 3つの要点を抑えておけば、適切な明るさが見えてきます。

生活空間で必要な明るさはどれぐらい? メイン画像

目次

明るさの基準

照明の明るさは、lm(ルーメン)という基準を使います。
W(ワット)は、照明器具の消費電力で、大きくなるほうが明るくなるのは確かです。
現在は、LED電球などでは消費電力が小さいのにも関わらず、かなり明るくなりましたので、lmで明るさを考えたほうが良いでしょう。
白熱球で換算した場合、180Wで2200~3200lm、320Wで3900lm~4900lmといったあたりになります。

明るさを決めるための3つの要点

1、部屋の大きさ
部屋が大きくなると、その分明るくしなければいけなくなります。
6帖程度の広さで、3000lm前後の明るさが必要です。
10帖になると4000lm、12帖で5000lm程度になります。

2、部屋の用途
どんな使い方をするのかで、必要な明るさが変わってきます。
キッチンや玄関では、昼白色が使われます。
青みがかかった光が、清潔感を得られやすいカラーになるからです。
勉強部屋としてもいいでしょう。
 
どこでも合うのが昼光色です。
自然の光に近いため、万能的な色といえます。
 
寝室などでは、オレンジのカラーが強い、電球色が好まれます。
明るいだけではなく落ち着いた雰囲気を作り出せるでしょう。

3、時間帯と年齢
部屋の明るさは、使う時間や年齢でも違いが出てきます。
同じ部屋であっても、適切な明るさに影響を与えることになるでしょう。
 
時間の経過で見てみると、午前中から日が沈む時間当たりまでは、白が強い明るさが好まれます。
逆に日が沈んでからは、赤っぽい光のほうが見やすく感じます。
 
年齢を重ねるたびに、明るさが必要です。
20代を基準にした場合、60代になると約3.2倍の明るさがなければ同じようには感じません。
部屋を使う人の年齢も考慮し、明るさを選ぶ必要が出てきます。

シーリングライトとペンダントライトの違い

天井に張り付けるシーリングライトに比べ、ぶら下げて使うペンダントライトは、照明自体の高さが下がるため、10%程度明るく感じるといわれています。
ただし、部屋の角までは届きにくくなります。

まとめ

部屋によって、適切な軽さはある程度決まってきます。
そのうえで、どんな場所として利用しているのかを考え、主な時間帯と利用者の年齢を加味していくと適切な明るさが見えてきます。
既存の照明だけではなく、足りないときには別途照明を付け加えるなど対処も考慮しておくと明るさも利用しやすくなるでしょう。

ナムROOM

人気の投稿
無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介 メイン画像 無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介
カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説 メイン画像 カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説
住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説 メイン画像 住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説
妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介 メイン画像 妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介
100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要) メイン画像 100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要)