住宅(家)

ドリルドライバーとインパクトドライバーの違いを解説!

DIYでよく使われる電動ドライバーには、インパクトとドリルドライバーがあります。この二つは似ているようで、動作が異なる機械です。
 
用途も違いますし、価格帯も違うため、作業をスムーズに進めるのにも、機能を理解して正しいものを選ぶ必要があります。

ドリルドライバーとインパクトドライバーの違いを解説! メイン画像

目次

電動ドライバーとは

ドライバーは、回転させてねじを締めるための道具です。
これを電動化した機械が電動ドライバーで、先端を交換することで、さまざまな機能を発揮できます。

電動ドライバーとは

ドリルドライバーの機能

ネジの締め付けだけではなく、ドリルの刃を付ければ、木や鉄板にも穴を開けられます。
ネジを締め付けることが主な目的となるため、力加減や速度を調節する機能がドリルドライバーの特徴です。
 
クラッチや回転速度の調整ができるので、必要に合わせ適切な力加減ができます。

ドリルドライバーの機能

インパクトドライバーの機能

ドリルドライバーと見た目はあまり違いがありませんが、打撃機能を持っているのがインパクトドライバーです。
 
内部でハンマーのような機能を持ち、回転させながら打撃を与えて締め付けます。
強い締め付け力を持ち、ナットを締めつけたりするときにも効率よく作業ができるのが特徴です。
 
固く締まったネジやナットなども外しやすくなります。

インパクトドライバーの機能

用途によって必要な機能

ドリルドライバーとインパクトドライバーは、どちらもネジを締めたり、穴を開けたりするのに使われます。
しかし、回転に細かな調整が必要な場合、トルクが強く調整ができないインパクトドライバーは不向きです。
 
精度よりも力強く穴を開けたり閉めつけたりするためには、インパクトドライバーのほうがはるかに使えます。
打撃音がある分だけ、インパクトドライバーのほうが音が大きくなってしまうのは欠点です。

取り付け口の違い

取り付け口の違いは、先端の種類にかかわる大きな問題です。
ドリルドライバーは、一般的に締め付けて使うドリルチャックが使われます。
 
インパクトドライバーの場合には、これでは滑ってしまうため、六角軸の差し込みスリーブが基本です。
 
キーレスチャックを取り付ければ、どちらも使えるようにもできますが、根本の利用目的が違う点に注意が必要です。

ドリルドライバーとインパクトドライバー

まとめ

ネジを締る目的なら、ドリルドライバーが良いでしょう。
価格も安く購入できます。
木に穴を開けたり、ナットも締めるという複合的な目的なら、インパクトドライバーが高価ですが力も強く確実です。
機械として似ていますが、メーカーの違いでも、さらに細かい特徴がありますので注意しましょう。

ナムROOM

人気の投稿
無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介 メイン画像 無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介
カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説 メイン画像 カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説
住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説 メイン画像 住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説
妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介 メイン画像 妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介
100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要) メイン画像 100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要)