住宅(家)

汚れなど原因から考えていく!エアコンの水漏れ

エアコン本体から水漏れするケースがあります。 本来外部に排出させているため、本体から漏れてくることはありません。 問題はこの排出に関する部分で、確認から始める必要があります。

汚れなど原因から考えていく!エアコンの水漏れ メイン画像

目次

エアコンの水はどこから?

エアコンは、空気の温度を変換させている機械です。
熱を交換して適切な温度にして排出しますが、コップに冷たい水を入れたときに似た結露と同じ状態ができあがります。
この水が室内機でできるため、外部に排出しなければいけません。
暖房でも同じ状況が生まれます。
 
エアコンの室内機で作られてしまった水は、受け止めるために付けられたドレンパンにいったん集められます。
外部につながるドレンホースを通して排出していくのが正常な流れです。

内部の原因

エアコンの水漏れにはいくつかの原因があります。
内部で起こる原因しては、主なものが汚れです。
ドレンパンからドレンホースに流れていくのが基本ですが、汚れがつまり流れだせずに溜まると部屋の中に漏れだします。
風量が弱く温度にむらが出てきたり、効きが悪いと感じたりしたときなどは注意が必要です。
異臭がするときにも内部を確認したほうが良いでしょう。

外部の原因 ホース内でつまっている

内部はきれいだったとしても、ドレンホースがうまく機能しなければ、排出できずに内部に溜まりこみます。
見た目に問題はなくても、ホースの中の状況はわかりません。
どこかで汚れがつまっていると、そのまま流れなくなります。
 
このつまりは、ドレン用サクションポンプを使って取り除けます。
ドレンホースにサクションポンプの先端を取り付け、空気が漏れないようにしたらハンドルを引くだけと操作は簡単です。

外部の原因 ドレンホースが長すぎる

ドレンホースで排出していきますが、ホースが地面についてしまい持ち上がっているような状況になると、水がうまく流れません。
基本は床面から5cm~10cm離れていることで、これ以下になると汚れだけではなく、ホースの内部に虫がつまって流れにくくなるといったことも起きます。
対処としては、先端を切り取ってしまうことです。
なにかの問題で地面に刺さっているときも同様に対処できます。

外部の原因 壁の内部で逆勾配

ドレンホースは、自然に水が流れるように、勾配を付けています。
これが何らかの原因で持ち上がり、内部に流れるような勾配になるのが逆勾配です。
外部に排出できず、内部に漏れだしてしまうため、正常な位置に付け替えなければいけません。
壁の内部に原因があると判別がつきにくいため、業者に依頼したほうが良いでしょう。

まとめ

エアコンからの水漏れは、正常に排出できていないことが原因です。
汚れが大きくかかわってくるため、定期的に内部の掃除を含め点検しておくといいでしょう。
外部のドレンホースも確認が大切です。

ナムROOM

人気の投稿
無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介 メイン画像 無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介
カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説 メイン画像 カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説
住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説 メイン画像 住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説
妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介 メイン画像 妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介
100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要) メイン画像 100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要)