住宅(家)

知っているようで知らない?ハウスメーカーと工務店の違い!

ハウスメーカーと工務店は、明確な定義があるわけではありません。 工務店という名前を持っていても、実はハウスメーカーであるという場合もあるからです。 それでも二つは違いがあるため、それぞれの特徴が見えてきます。

知っているようで知らない?ハウスメーカーと工務店の違い! メイン画像

目次

ハウスメーカーの特徴

全国的に展開しているのが、基本的にハウスメーカーと呼ばれます。
規格化された商品を持っており、その中から選択できるため、品質がわかりやすいところが特徴です。
カスタマイズの幅も決まってきますが、規格化されているため、大きなずれはありません。

工務店の特徴

全国展開といった規模は持っていない代わりに、地域密着型として活動しています。
規格化した商品よりも、オーダーメイド型の重視しているのが特徴です。
ゼロの状態から要望をかたちにしていく方法を取ります。
ハウスメーカーに比べ、宣伝広告費が少なくて済むため、坪単価としての費用を比較すると抑えられるといわれます。

ハウスメーカーのデメリット

ハウスメーカーと工務店を比較した場合、どちらがいいという結論にはなりません。
規格化された商品を持つというのは、それだけ安定した品質で原価も抑えられるのは大きなメリットです。
工期も短く抑えられますが、その代り規格化されていない部分は選択が難しく、自由度は高くありません。
全国展開してさまざまな宣伝広告も打つため、その費用も加算されていることも確かです。

工務店のデメリット

自由な設計ができる工務店では、決められた仕様はそこまでありません。
縛られていない分だけ、選択に幅があり、狭小地などでも建てられる可能性が広がります。
逆に対応力が広い分だけ、詰め込んだことで費用が増え工期も長くなりがちです。
安定した設計ができるかどうかは、過去の物件などを見て判断する必要が出てきます。
長期的な取引きという面でも、会社の規模が小さいためハウスメーカーのような安定感がありません。
夢をかたちにできますが、規格化されていないことで品質を見極めにくいともいえます。

まとめ

ハウスメーカーも工務店もそれぞれ特徴があります。
自分たちの目指すところはどれかによって、メリットもデメリットも見えてくるでしょう。
できるだけ早く建てたいときや設計力が決め手になる場合など、条件に合わせて判断するのが大切です。

ナムROOM

人気の投稿
無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介 メイン画像 無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介
カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説 メイン画像 カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説
住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説 メイン画像 住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説
妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介 メイン画像 妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介
100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要) メイン画像 100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要)