住宅(家)

冬の水道凍結対策!お湯をかけたりするのは危険!?

急激に気温が低下した日に、水道から水が出ないことがあります。 水道管の中で凍結した状態が考えられますが、対処を誤ると大変危険です。 正しい対処を覚えておけば、凍結防止もできます。

冬の水道凍結対策!お湯をかけたりするのは危険!? メイン画像

目次

水道管が凍結してしまう状況

水道管の中には、水がつまっている状態です。
急激に気温が低下し、配管内の水温が下がると凍結してしまう可能性が出てきます。
凍結すれば、水は流れていかなくなるので、使いたくても水は出ません。

-3度から要注意

水が凍結する温度は0度です。
子供たちでもわかりますが、水道管が凍結してしまうのは気温-3度程度からと考えられています。
ただし、配管の条件がどうなっているのかで違いがあり、露出しているのであれば、もっと気温が高くても凍結する可能性を考えなければいけません。
 
北風が当たるような位置にある場合にも、温度が下がる可能性があります。
地中深く埋設されているようであれば、-3度でも逆に簡単には凍結しません。

お湯をかけたりするのは危険

凍結してしまった場合、そのままでは水が出ないため、お湯をかけたりする人がいますが大変危険です。
水は凍結すると、体積膨張を起こします。
この状態のままお湯をかけると、急激に変化を起こし、配管が割れてしまう可能性があるからです。
 
凍結したときには、お湯をかけたりせず、ゆっくりと溶けだすのを待つしかありません。
日中でも溶けださなかった場合には、専門業者に依頼して点検してもらったほうが良いでしょう。

保温用テープやヒーターで対策

配管が露出している場合、凍結防止用の保温テープを巻く方法があります。
これだけでもかなりの違いが出ますし、巻き付けるのも簡単です。
配管用の凍結防止ヒーターも販売されているので、利用するにもいいでしょう。

水道を少し流しておく

水が止まってしまうと凍結しやすくなります。
そこで、ほんのわずかな量だけ、蛇口をひねる方法もよく使われる対策です。
水道代に影響するような量はいりません。
ほんのわずかな量だけ流れるようにするだけで、かなり違いが出ます。
無駄にする必要はないので、鍋や洗面器で受けてしまうといいでしょう。

水抜き栓がある場合

凍結防止用の水抜き線が付いている場合があります。
長期的に家を空けるときなどは、配管が破損しないように水を抜いてしまえば安全です。

まとめ

凍結した場合には、できるだけ自然に溶けるように待つのが大切です。
配管が露出している場合、素手で触れるのは大変危険ですので、軍手などを付けて確認したりしましょう。
自然に解凍しても、配管が破損する場合もありますので、周囲が水たまりになっていないか確認することも大切です。

ナムROOM

人気の投稿
無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介 メイン画像 無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介
カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説 メイン画像 カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説
住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説 メイン画像 住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説
妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介 メイン画像 妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介
100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要) メイン画像 100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要)