住宅(家)

本当にLEDは利用価値があるのか?コストと寿命でみる

LEDは、省エネの代表格のような扱いをされてきました。 照明は、生活に欠かすことができないものですが、本当に省エネなのか、実際の単価とともに考えてみなければいけません。

本当にLEDは利用価値があるのか?コストと寿命でみる メイン画像

目次

LEDとはなにか

LEDは半導体である発光ダイオードを使った照明です。
発光ダイオードに電気を流すことで光る構造で、電気の使用効率がよく、消費電力が小さいのにもかかわらず、明るいのが特徴です。
消費電力が小さい分だけ電気代を抑えられ、寿命も驚くほど長くなります。

消費電力と寿命

LEDの消費電力は、これまで使われてきた照明に比べて驚くほど小さいのが特徴です。
白熱電球と比較した場合には、1/5程度に抑えられます。
白熱電球の寿命は、だいたい1,000時間~2,000時間といわれる中、LEDは4万時間程度のライフサイクルになるため、20倍近い時間を使えます。
長寿命として使われてきた電球型蛍光灯でも13,000時間ですので、3倍以上の長寿命です。

コストと寿命の関係

白熱電球は、これまで安価で販売されてきました。
1個当たりの単価は300円程度であり、LEDが2,000円程度として考えると、1/7程度しかしません。
ただし、1日10時間使ったとすると、寿命は3ヶ月から6ヶ月程度です。
この計算から行くと、LEDは約11年ももってしまうことになるでしょう。
 
仮に10年間のランニングコストそして考えると、6,000円から12,000円かかります。
LEDは1回でいいので2,000円になるため、かなりのコスト減が実現できるのです。

電気代からの比較

電気の抵抗によって光る白熱電球は、効率が良くありません。
1Kwh27円の設定で消費電力を54W、1日8時間ずつ使い続けたと仮定すると、1年間で4,257円かかります。
LEDは、同条件で615円しかかかりません。
これだけでもLEDにするメリットが出てくるでしょう。
使えば使うだけ、LEDのほうが有利になってきます。

まとめ

リビングをはじめ、長時間照明を使うような場所は、LEDが確実に効果を発揮します。
しかし、トイレのようにあまり照明を使わない場所では、LEDのメリットは発揮されません。
そもそも交換することもまれだからです。
どこでもLEDにするのが効率的とはいえませんが、省エネという面で見ると、間違いなく効果を発揮してくれるでしょう。

ナムROOM

人気の投稿
無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介 メイン画像 無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介
カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説 メイン画像 カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説
住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説 メイン画像 住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説
妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介 メイン画像 妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介
100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要) メイン画像 100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要)