住宅(家)

無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介

シックハウスが気がかりで新築、リノベーションをした際に合板フローリングではなく、無垢材を選んだ方は多いのではないでしょうか?せっかく天然の床材にしたのだから天然のワックスで塗装や保護したいですよね。間違っても化学物質が入っているワックスで塗装や保護しないでくださいね。せっかくの無垢材がもったいないですよ。自然系ワックスでよく話題に上がる、選ばれているのが「蜜蝋ワックス」です。一番有名なのは未晒し蜜蝋ワックスかな?蜜蝋ワックスは作ろうと思えば作れてしまうので、ネット上にはいくつもの商品が出回っています。そんな蜜蝋ワックスは無垢材に合うのか?デメリットはあるのか?効果は?高価な無垢材が無駄にならないように参考にしていただければ幸いです。

無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介 メイン画像

目次

そもそも無垢材ってワックスで塗装が必要?

無垢材は何もしないと水分を吸収しやすい状態にあります。何かで塗装しないとジュースなど色付きの物をこぼしてしまうと吸収して液染みになりやすいんです。
ワックスで保護することで液染みを防止するだけでなく、無垢材のささくれや割れを防止する効果もあります。下の写真は無垢材を顕微鏡で見たものです。スポンジのようにスカスカですよね?
無垢材は「木」から製材されても空気中の水蒸気を吸ったり、吐いたり湿度をコントロールする力を持っています。木の呼吸をともいいますね。ワックスは大きく分けて「塗膜タイプ」、「浸透タイプ」2種類あります。
塗膜タイプはその名の通り、木材の上に塗膜を作って保護するタイプです。塗膜があると木が呼吸をできなくなるので必ず無垢材へは浸透タイプを選びましょう。

蜜蝋ワックスの成分、効果、メリット

蜜蝋ワックスの主成分はその名の通り、「蜜蝋」が主成分です。蜜蝋はミツバチが分泌するもので巣を形成し、医薬品・化粧品・ろうそくの製造・建築など様々なものに用いられます。
主成分の蜜蝋は取ったままは黄色い状態でそれを「黄ロウ」といいます。臭いを取ったり、変色を防いだり、品質(使用期限)を保つために漂白した蜜蝋を白ロウまたはサラシミツロウと呼びます。
蜜蝋ワックスのなかでも白ロウを使っているものは要注意です。漂白に化学物質を使っていますので成分に「蜜蝋」といいつつも化学物質まみれなのです。それにはご注意ください。無垢材が悲しみます。。。

蜜蝋ワックスの中でも有名な「未晒し蜜ロウワックス」はその名の通り、さらしていない蜜蝋を使用しています。成分は「蜜蝋」、「エゴマ油」のみです。重金属、溶剤、仕上げを早める乾燥剤などは入っていないそうです。
実際に塗ってみると硬いですね。ただ、メリットは何と言ってもよく伸びます。2種類しか成分がないし、1Lで約80平米も塗れるので安く済みます。楽天で1L:7000円弱で販売されていました。
蜜蝋は国内の養蜂家が蜂蜜採集後にムダ巣を集めたもの、エゴマ油は厳選したエゴマの種子を絞った一番搾りのものを使用しているらしいです。
また、環境への配慮として蜜蝋ワックスの売上げの0.3%を「自然と産業と暮らしの輪を維持するために必要なコスト」とし、毎年、山林循環、維持、継承をおこなう団体、災害支援などへ寄付をしている点は好感度アップですね。

蜜蝋ワックスのデメリットとその対策

【デメリット1】ワックスの耐久性がない
前述の通り、よく伸びるというより薄ーく薄ーく塗るのがポイントらしいので必然と使用量が少なくなります。そんな量でスカスカの無垢材の保護力は大丈夫??
実際に試すと無垢材は何もしないと水分をはじかず親水性がある状態ですが蜜蝋ワックスを塗ると玉のように弾きます。この弾きが3か月程度しかもちません。液染みも無垢材に何もしないよりはいいですが、塗りたての時を知っているとダメダメですね。ワックスの耐久性はかなりないです。それもそうですよね、薄く塗った上に拭き取りまでしてしまうので効果は長続きしなさそうですよね。なら「厚く塗って」とも考えましたが拭き取るので必要量以上塗っても意味がありませんし、拭き取らないと乾燥材がないので何週間経ってもペタペタします。天然成分の乾燥剤を入れればいいのにと思いますよね。かなり技術が必要なんでしょうね。

【対策】
対策としては3か月程度で効力が無くなってきますのでその都度、無垢材に再塗装する形となります。蜜蝋ワックス自体は安いので初期費用は安く済みますが3か月間隔でワックスを塗るのはちょっと、、、ですよね。でも実際はそうなります。しかも独特な臭いがあり、住んでいる環境では塗ってから数日間は臭いが残り、住めません。

【デメリット2】ボツリヌス症候群の心配
ボツリヌス症候群という病気をご存じでしょうか?有名どころでいうと「ハチミツ」に症状を引き起こすボツリヌス菌が入っております。大人はボツリヌス菌に対して処理する能力を持っていますが乳幼児(1歳未満)がハチミツを摂取するとボツリヌス菌を処理することができずにボツリヌス症候群になる可能性がございます。蜜蝋はミツバチの巣からハチミツを取り除いたものを使います。よって蜜蝋にもボツリヌス菌が付いており、蜜蠟ワックス本体や施工時、乾燥後の床などを赤ちゃんが舐めたときに安全と言えるでしょうか?その辺のことはホームページに記載がないのでボツリヌス菌の検査はしていないでしょう。

【デメリット3】無垢材の色が変わる
これは蜜蝋ワックスに限ったことではありませんが、無垢材の色が濃く?といいますか水で濡らしたような?色に変化します。無垢材そのままの色を楽しみたい私には不向きだと感じました。せっかくの無垢なのですからそのままの色を楽しみたいですよね。ただ、色は人それぞれ、その感じがいいと捉える方もいると思いますのでデメリットにするかは迷いましたが私にとってはデメリットなのでしました。対策方法は次の項目をご確認ください。

私の選んだ無垢材用ワックス

私は無垢材用のワックスで「アウロ」を選びました。アウロは環境先進国ドイツの会社で天然成分のみで製品作りをする会社です。無垢材用のワックスだけでも4種類あり、それぞれに特徴があります。 ≪ アウロ社のホームページはこちら ≫

その中で私は「AURO Nr.690 ジャパンオイルワックス(水性)」を選びました。アウロ社は施工物を「赤ちゃんが舐めても大丈夫!」と言われているくらいの安全性を誇ります。
乾燥後、唾液でワックスが溶け出さないという試験に合格しているみたいです。なので、Nr.690の成分に「蜜蝋」が入っていてもボツリヌス症候群の心配がありません。
他、どのメーカーを探してもなかったのですが無垢材の色が変わらないんです。ビックリしました。水性なので臭いもほとんどなく、かなり快適でした。
耐久性も今は1年程度経過しますが撥水力は落ちていません。蜜蝋ワックスのデメリットをすべてカバーしているのでかなりオススメです。

※アウロ社の他の無垢材用ワックスは無垢材の色が変わるので注意してください。

まとめ

蜜蝋ワックスの中にも漂白した蜜蝋を使っている商品があります。それには要注意!!
蜜蝋ワックスの耐久性はないので定期的(3か月間隔)に塗り直しが必要になります。

ナムROOM

人気の投稿
無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介 メイン画像 無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介
カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説 メイン画像 カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説
住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説 メイン画像 住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説
妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介 メイン画像 妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介
100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要) メイン画像 100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要)