住宅(家)

水道の蛇口から水漏れをなおすパッキンの交換!

蛇口のパイプの先からの水漏れは、水道代にも影響してくる問題です。 蛇口の種類によって直し方が変わってきますが、単水栓やツーレバー式などであれば、難しいものではありません。 消耗品となる部分を理解しておけば、身近にある道具と新しい交換部品を入手して修理できます。

水道の蛇口から水漏れをなおすパッキンの交換! メイン画像

目次

蛇口の水漏れの主な原因

蛇口は水道管から圧力をかけて送られてくる水を受け止め、水量を調節するのが役割です。
そこで、弾力があり、すき間も作らないようにできるゴム製のパッキンが使われています。
このパッキンは、時間の経過や水に触れているだけでも劣化が進み、やがて弾力を失ってしまう部品です。
これがすき間を生み、そこから漏れてくるのが、蛇口の水漏れの主な原因です。

修理の基本

劣化した部品を新しくすれば、水漏れは止まります。
簡単な原理ですが、ぴったりと合う部品を使わなければいけません。

用意する道具

蛇口にもいろいろな種類がありますが、単水栓やツーレバー式と呼ばれているものは、構造上、上から順番に解体するだけでパッキンの交換できます。
用意する道具は、ドライバーとモンキーレンチだけです。

修理の注意

水道には必ず水圧がかかっており、そのまま修理すると水が吹き出し危険です。
配管には、水量をコントロールするための止水栓が取り付けられている場合が多く、閉めると流れを遮断できます。
近くで見つからない場合には、屋外に取り付けられている元栓を閉めてしまうといいでしょう。
これでも水は止まりますが、配管内に圧力がかかったままなので、いったん水を流し流れなくなったのを確認してから作業するのが大切です。

施工手順例

ハンドル部分を取り外すところから始めます。
根元の部分を見るとナットが取り付けられているため、これをモンキーレンチで緩めてハンドルごと取り外します。
その下には、ケレップやコマと呼ばれるゴムと金属を組み合わせた部品があるので、これを取り外し、新しいものに交換すればできあがりです。
解体した順番を戻って組み立て、止水栓を開ければ完成です。
 
ナット部分にある三角パッキンと呼ばれる部品も、同時に交換してしまうといいでしょう。
これらの部品はホームセンターなどで手に入りますし、ネット通販などでも簡単に見つかるようになりました。
 
ツーレバー式などの場合には、ハンドル部分の上部にキャップがあり、はがすとネジが出てきます。
これをドライバーで緩めると、単水栓と同様な作業ができる仕組みです。

まとめ

蛇口のゴムパッキンの交換は、水道修理の中でも基礎的な方法です。
他の部分でも、配管内にこうしたゴムパッキンを使っており、水漏れの原因となる場合があります。
サイズに合ったものに交換すれば、基本的に修理できるため、方法を覚えておくといいでしょう。

ナムROOM

人気の投稿
無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介 メイン画像 無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介
カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説 メイン画像 カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説
住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説 メイン画像 住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説
妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介 メイン画像 妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介
100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要) メイン画像 100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要)