住宅(家)

定期的な排水管の洗浄が大切!パイプクリーナーの正しい使い方

水回りの設備には、使った水を流す排水管が取り付けられています。 適切に処理するために必要ですが、汚れなども流れ込んでしまうのが問題です。 配管がつまってしまうこともあるため、定期的にパイプクリーナーを使って洗浄するといいでしょう。

定期的な排水管の洗浄が大切!パイプクリーナーの正しい使い方 メイン画像

目次

排水管の内部の汚れ

排水管には、設備ごとにさまざまな水が流れていきます。
この水には洗った後の汚れなどが含まれており、これが排水管内に付着してしまうのが、排水管のつまりの原因です。
台所であれば、油汚れや食べ物のくずなどですが、風呂場では髪の毛や石鹸くず、皮脂汚れなどと原因は異なります。

適切な商品を選択

パイプクリーナーは、手軽にできる対処方法ですが、汚れの種類によって適切な薬品を選ばなければいけません。
汎用的なものもありますし、専用もあるため、用法をよく読み選択するのがポイントです。

パイプクリーナーの使い方

パイプクリーナーを使う際には、排水管の口に取り付けられている部品を外します。
内部が見えやすくなるので、できる限り外してしまうのがポイントです。

次にパイプクリーナーを注ぎ込みます。
商品によって異なりますが、適切な量を入れなければ効果は生まれてきません。
注ぎ込んだら、一定時間放置します。
15分から30分といったところが多く、あまり短くても溶けだしません。
あまり長くしても、薬剤が流れてしまって効果が高まるわけではないので注意が必要です。

所定の時間が経ったら、洗い流します。
流すときには、ぬるま湯にするといいでしょう。
油汚れなどは、温度が下がると固まって流れにくくなるためです。
熱湯は配管を傷めるため、ぬるま湯を流します。

使うときの注意

パイプクリーナーは薬品です。
薬品の力を使って、汚れを溶かし流れやすくします。
つまってしまってからでは、溶かしたとしても流れる場所がありません。
いくら使っても解消できない状態が生まれるため、パイプクリーナーを使って定期的に洗浄しておくといいでしょう。

安全を確保して

薬品ですので、目に入ったりすると危険です。
手袋などの安全装備も必要です。
化学反応によって、ガスが発生する可能性もありますので、使用する際には換気を十分にとります。
 
数種類のパイプクリーナーなどの薬品が混ざると、塩素ガスを発生する可能性があります。
非常に危険なガスで生命にもかかわるため、絶対に混ぜないようにしましょう。

まとめ

パイプクリーナーは手軽で便利です。
常備しておき、定期的に流しておくだけで、排水管のトラブルを抑制できます。
手軽ではありますが、薬品という点には十分に注意したうえで使っていきましょう。

ナムROOM

人気の投稿
無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介 メイン画像 無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介
カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説 メイン画像 カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説
住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説 メイン画像 住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説
妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介 メイン画像 妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介
100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要) メイン画像 100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要)