住宅(家)

壁の裏の探査で下地材を見つける!下地センサーの使い方

壁にものを取り付けるときには、下地がどのような状態かを知るのが大切です。 フックなどを取り付ける場合でも、下地材に取り付けなければ落下してしまうかもしれません。 壊して下地の位置を図るわけにはいかないため、活躍するのが下地センサーです。

壁の裏の探査で下地材を見つける!下地センサーの使い方 メイン画像

目次

石こうボードを固定している下地材

住宅の壁の多くは、石こうボードを取り付けています。
この石こうボードは、下地材の上に取り付けますが、ネジを打ちこんでももろく抜けてきてしまうのが欠点です。
そこで、下地に直接打ち込む必要がありますが、どこにあるのか見つける方法としては、壁に直接針を挿し込み見つける方法とセンサーを使うやり方があります。

針を刺して見つける

もっとも単純な方法として使われているのが、壁に針を刺して見つける方法です。
直接刺しこんでしまうため、抵抗によって判別します。
機能は単純で、棒の中心部から針が出てくるため、押し込んでみて手ごたえがあれば下地材があると判別できるでしょう。
針の長さも種類があり、石こうボードの厚みによって変える必要があります。

針を刺す前に打音で確認

針を刺してしまえば穴が開くため、まずはあたりを付けます。
難しい方法ではなく、壁をノックしてみて、なにかに接しているかどうかを判断します。
空洞の場合には、音が響いて抜けていきますが、下地に接していれば響かず短い音で終わるからです。
だいたいの場所を判別したら、刺しこんでみて手ごたえがあれば、下地があると判断できます。

下地センサーを使う

下地センサーは、石こうボードの裏に金属や木材、プラスチックがあるかどうかを判別できます。
使い方は簡単で、スイッチを入れて石こうボードの上を滑らせるだけです。
これで下地になにかあればセンサーで知らせてくれます。
 
性能もいろいろとあり、電線警告機能も便利です。
内部に電線が合った場合、間違って切断したりするのを防げます。
コンクリートやモルタルの上からでも探知できる高性能なものまで販売されているため、利用用途に合わせて選択するといいでしょう。

金属探知のみのものもある

下地センサーというより、磁石を利用したもので、金属に対して反応します。
下地以外にも釘の頭も見つけられるため、ネジを打つときなども利用しやすくなるセンサーです。
針を打ちこむものとともに使えば、かなりの精度で下地を見つけられます。

まとめ

下地を見つけてネジを打ち取り付けるのは、安定性の面からも必要です。
石こうボードだけではなく、ベニヤ板を使っている場合にも下地に取り付けたほうがいいでしょう。
どれも使い方は難しくないため、うまく使って確実に取り付けていくのが大切です。

ナムROOM

人気の投稿
無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介 メイン画像 無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介
カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説 メイン画像 カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説
住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説 メイン画像 住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説
妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介 メイン画像 妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介
100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要) メイン画像 100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要)