住宅(家)

トイレのつまりを解消する!ラバーカップの正しい使い方

すっぽんと愛称で呼ばれたりすることもありますが、トイレでつまったときにはラバーカップが強い味方になります。 使い方を誤ると、まったく効果を及ぼさないため、正しい方法を身に着けておきましょう。

トイレのつまりを解消する!ラバーカップの正しい使い方 メイン画像

目次

ラバーカップの種類

ラバーカップの形状には、和式と洋式が存在します。
丸いゴムが取り付けられているだけのものは、和式です。
洋式は、先端にゴムが出っ張った部分が付いているのが特徴で、専用の形状を使うのが大切です。

内部の空気を抜く

ラバーカップは押し込むものではなく、引き出すものです。
まずは、排水口の口に当てがい、内部に水が溜まるようにします。
ラバーカップを押し込むようにして、内部の空気を抜きますが、斜めにすると使いやすいでしょう。
空気が抜けるときに吹き出すため、周囲を汚さないようにゆっくりと使います。

異物を引っ張り出す

内部の空気が抜けたら、ゆっくりと押し込み、力を入れて引き出します。
水も吹き出す可能性があるので、周囲には十分注意しましょう。
押し込むときに力を入れ過ぎると、つまった異物が奥に行ってしまい、解決しにくくなります。
引っ張りだすという意識で使うのがポイントです。

異物が流れていかないように

異物が引き出されたら、水は勢いよく流れていきます。
そのときに、異物が一緒に流れないように取り除きましょう。
ただし、完全に解決したとは限らないため、バケツなどに水を溜めておき、ゆっくりと流仕入れていきます。
これで問題がなければ、解決したと考えて問題ありません。

ゴミ袋を使って飛散防止

大きめのごみ袋の角に穴をあけて、ラバーカップを通します。
そのまま便器にかぶせてしまえば、飛散防止になるでしょう。
ごみ袋から垂れてしまう可能性があるので、新聞紙を敷いておけば安心です。

まとめ

ラバーカップは間違った使われ方をしているケースが良くあります。
簡単で効果的ですが、押し込んでしまうと失敗しやすくなるため、ゆっくりと作業していきましょう。
これで解決しないときには、専門業者に修理を依頼したほうが確実です。

ナムROOM

人気の投稿
無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介 メイン画像 無垢材に蜜蝋ワックスは大丈夫?デメリットは!?効果や成分とともに対策までをご紹介
カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説 メイン画像 カードローンに延滞するとどうなる?デメリットとリスクについて解説
住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説 メイン画像 住宅ローンの審査基準とは?必要書類や審査のポイントを解説
妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介 メイン画像 妊婦必見!エイワン少額短期保険の契約前に注意すべき必須確認事項を紹介
100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要) メイン画像 100MB以上のデータも対応!無料でmovをmp4へ変換するオンラインツール完全版(インストール不要)